© 2017 by WSC Japan. 

​wsctokyo.j@gmail.com

​THE WORLD SCHOLAR'S CUP

What is the World Scholar’s Cup? 

 

World Scholar's Cup (略称:WSC) は、アメリカ資本の教材制作会社であるDemidec (代表:Daniel Berdichevsky) が企画、運営している大会で、中高生の総合的な教養を競う大会です。

2006年に韓国で始まり、以降世界各国で国内大会が開かれるようになりました。現在では50以上の国で国内大会が開かれており、世界中で2万人近い学生が参加しています。

大会は原則3人1組のチーム、使用言語は英語です。科目数は6教科に及び、年初めに発表される各科目のスタディーガイドに基づいて、各自がリサーチをし、ディベート・エッセイ・ペーパーテスト・クイズの4種目の総得点を競います。各国で行われ国内大会を勝ち越したチームは、世界大会の参加資格を得ることができ、そこで上位に入ったチームは毎年11月にイェール大学で行われる決勝大会に参加することができます。2018年の国際大会は、マレーシアのクアラルンプール、スペインのバルセロナとオーストラリアのメルボルンの3箇所で行われます。昨年は日本からも各大会中高生100人ほど参加し、学校や学年の壁を超えて、“チームJapan”としての絆を深めることができました。

 

The World Scholar’s Cup is a “celebration of learning; which brings together middle school and high school students from all over the world to learn, and inspire each other. Founded by Daniel Berdichevsky, CEO of Demidec in 2006, WSC has developed into an international competition with more than 3200 participants from over 50 countries. Scholars form a team of three, and compete the scores of debate, collaborative writing, a collective test, the “Scholar’s challenge” and a quiz the “Scholar’s bowl”. Top teams in each country’s regional round qualify for the global round, and select high-achieving teams in the global rounds can move onto the Tournament of champions; which is held in Yale University every year in November. For the 2018 competition, there will be 3 global rounds in Kuala Lumpur, Barcelona, and Melbourne, and over 100 students from japan participated in each competition.